脂質制限は宅配食で賄える

脂質制限は宅配食で賄える

おすすめリンク

糖質制限を考えた宅配食 宅配食でも糖質制限に配慮したお弁当があるのをご存知ですか?毎日の食事に活用したい方必見!

自炊が不得意でも

気になる肥満は、脂肪の蓄積からです。 1日のカロリー摂取量とエネルギー消費量の差のバランスが偏れば肥満になり易く、消費量を超えたエネルギーは必要になる時のために体内蓄積されます。 脂肪が蓄積されると肥満の原因です。 宅配食の食事管理によってのカロリー摂取量で、効果的に肥満対策ができます。

バランスが何より

脂質は、体内の水分保持のためにも必要なもので、肌の潤いを保ちます。 脂質の摂取制限しすぎることで、肌の乾燥やシワが増える可能性もあります。 ニキビや肌荒れも増えれば大変です。 脂質は子宮や内蔵を守り体温の維持にも必須なので、適度な脂質摂取は必要です。

コレステロールと動脈硬化

LDLコレステロールが増加で血管に溜まり易く、動脈硬化につながります。 中性脂肪は、コレステロールのLDLを増やしHDLを減らすため動脈硬化を進行させます。 内臓脂肪として蓄積され、脂肪細胞から悪玉物質の分泌とその働きで、血管収縮やインスリンの働きが低くなり、高血圧や糖尿病の原因になります。

肥満の原因から

脂質は内臓の肝臓で作られたり、食事で摂取し、不足することはほとんどありません。
現代は、和食を食べていた人も食生活の欧米化などから脂質を摂取しすぎている傾向です。
脂質の摂取の過剰による血液中の中性脂肪と悪玉コレステロールであるLDLコレステロールを増やす一方で、善玉コレステロールであるHDLコレステロールを減らし、肥満や脂質異常症になることがわかっています。
肉などの動物性の脂質は飽和脂肪酸に多く含まれていて、コレステロールの上昇につながります。
脂質の高い食材は、牛ばら肉、牛肉サーロイン、牛肉テール、牛肉リブロース、生クリーム、ベーコン、牛肉肩ロース、牛肉小腸、豚ばら肉、卵黄、まぐろトロ、フライドポテト、ウインナー、さばやしめさば、クリームチーズ、コーヒーミルク、ドレッシング、マヨネーズ、マーガリン、ナッツ類、マカダミアナッツ、松の実、くるみ、ピスタチオなどの食材です。
料理方法により中華や洋食にも脂質の高い食材を多用するので、脂質を摂取しすぎる傾向です。
脂肪分が多い乳製品使用のスイーツなども、脂質の過剰摂取につながります。
明らかに脂質を過剰摂取だと心配している人は、減らすための対策を考え、食生活を見直すべきです。
ダイエットにもなる普洱茶(プーアル茶)に含まれているカテキン類には、脂肪の吸収を抑える効果や体内活動の活性化で脂肪分解する効果があり、スポーツによる効果や、簡単に食事制限を助けてくれる効果もあります。
苦労しないで脂質対策やダイエットが可能なお茶を飲むのは、楽な方法です。